太ももはサロンで脱毛しよう!すべすべな太ももを手に入れるための方法をご紹介

太ももはサロンで脱毛しよう!すべすべな太ももを手に入れるための方法をご紹介

太ももの脱毛はサロンでやってもらうのがおすすめです。太ももを自分で脱毛処理するとなかなか綺麗にできません。今回はすべすべの肌を入手するためにおすすめの脱毛方法や、サロン脱毛のメリットやデメリットといった情報をお伝えしていきます。

きれいな太ももになりたい

太ももの脱毛は前側はそれほど大変でもありませんが、後ろ側は脱毛するときにねじれたような姿勢をとらなくてはいけないので大変です。

またよく見えないので処理できてない部分も出るなど、あまり綺麗に仕上がらないことも。

今回は太もも脱毛するメリットやデメリット、おすすめの脱毛方法などについてお伝えしていきます。

太ももをサロンで脱毛するメリット・デメリット

太ももをサロンで脱毛するメリットとデメリットはこちら。

メリット

サロンで脱毛するメリットは埋没毛ができないことと、自己処理の手間がかからないことです。

埋没毛って何? と思った方もいるかもしれませんね。詳しく見ていきましょう。

埋没毛ができなくなる

太ももは皮膚がやわらかいので、カミソリや脱毛器の刺激ですぐに傷がついてしまいます。脱毛処理した部分に傷がつくと、修復した時に、皮膚が毛穴を覆ってしまい、埋没毛ができやすくなるのです。

多くのサロンでは皮膚の強さを考慮に入れながら脱毛するので、埋没毛ができにくくなります。

自己処理しなくていい

太ももの裏側を処理しようとすると、脱毛するときに不自然な姿勢をとらなくてはいけません。足の前側よりも処理はやりにくく、見えない部分や処理のしにくい部分を脱毛できないといったこともあります。

サロンでの脱毛ならば、専門の人に施術をしてもらうのですべて綺麗に処理してもらえます。

デメリット

サロンでの脱毛のデメリットは通うのが大変ということの他にも、毛が太く多くなりやすいということもあるのです!

通うのがめんどくさい

サロンは大抵市街地にあるので、すぐ近くのスーパーまで行くのとは大変さが違います。また1回ごとに予約を入れる必要があるので、脱毛サロンに通う予定を調整しなくてはいけません。

硬毛化・増毛化しやすい

サロンで太ももを脱毛処理すると、毛が硬くなったり増えたりすることもあります。

太ももは皮膚が薄いので、刺激も受けやすい部位。刺激を受けた皮膚は毛を増やしたり硬くしたりといった防御反応を引き起こすこともあるので注意が必要です。

毛質にあった脱毛方法を探してみる

男性が太ももを脱毛するメリット・デメリット

男性が太ももを脱毛する際のメリットとデメリットはこちら。

メリット

男性の脱毛によるメリットは服装の自由度と、裸になったときなど気を使わないという点です。

服装が自由になる

男性の足にはある程度毛があるものですが、あまりにも毛が濃いと短パンなど太ももを出す服装をするのをためらってしまうことも。

太ももを脱毛することで、太ももを露出する服装をするときに、足の毛を気にする必要がなくなります。

温泉などでも気にしなくて済む

太ももの毛が濃いと、温泉やプールなど、太ももが露出するシーンでは毛深いことを気に病んでしまうこともあります。

太ももの脱毛をしておけば、人に見られるような状況でも気兼ねしなくてもよくなるでしょう。

デメリット

男性の脱毛のデメリットはスキンケアと汗です。

普段以上にスキンケアが必要

脱毛処理は肌を傷つけることが多い処理です。傷ついた肌は乾燥しやすく、紫外線や摩擦などの刺激で肌荒れを起こしやすくなります。

乾燥や刺激による肌荒れを防ぐには、保湿や紫外線対策などのこまめなケアが欠かせません。普段スキンケアをあまり行っていない男性には、このケアが面倒になってしまうこともあります。

汗が増えたように感じてしまう

脱毛処理をすると、汗が多くなったように感じることもあります。これは毛についていた汗が直接皮膚に触れるようになったため。

太もも部分を脱毛すると、太もものあたりの汗が急に増えたような気がして不快になることもあります。

太ももの脱毛の疑問解決!

太ももの脱毛に関する疑問点を解説していきます。

サロンに通う回数は?

脱毛はサロンに1度通うだけでは完了しません。毛は生えてくるサイクルというものがあり、全ての毛が同時に生え変わるわけではないので、数回から十数回サロンに通う必要があるのです。

また脱毛を行う方法によっても処理の回数は異なります。レーザー式の場合部位にもよりますが、最低でも5回、フラッシュ式の場合は6~7回は通う必要があるでしょう。

部位が広い、皮膚が薄い、粘膜部分の脱毛はより時間がかかり、完全に脱毛できるまで10回以上は通わなくてはいけません。

1回の施術にかかる費用は?

脱毛にかかる費用は部位や脱毛方法によっても異なりますが、脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛の方が、医療機関で行われるレーザー式脱毛よりも安い傾向があります。

たとえば脇など脱毛の難易度が低い部位だと、サロンや医療機関によって異なるもののフラッシュ式(5回)で1万円程度、レーザー式(5回)で2万円程度が多いです。

脱毛する範囲が広かったり、粘膜部分など脱毛の難易度が高いと、価格も高くなる傾向があります。

だいたいコース価格で提供されていますが、1回あたりで換算すると費用は2,000円から4,000円程度でしょう。

太もも脱毛は痛い?

脱毛のときに感じる痛みは、フラッシュ式かレーザー式かで異なります。

レーザー式よりもフラッシュ式の方が出力が低いので、肌に対する刺激も痛みも少ない傾向が。フラッシュ式はほとんど痛くないということも多いようで、輪ゴムをパチンとはじいた程度の痛みとよく表現されています。

対してレーザー式は痛みを感じる傾向があり、特にデリケートゾーンや毛が太い部分は痛みを感じる人も多いようです。

太ももも皮膚が薄い部位なので、出力が強いと痛みを感じることも多いでしょう。

サロンで脱毛後注意しておくこと

サロンで脱毛したあとに注意しておくポイントをまとめました。

乾燥に注意しよう!

脱毛処理をした後は、皮膚は一定のダメージを負っています。肌が傷つくと肌バリアが破壊され、乾燥しやすくなり肌荒れが起こることも。

サロンで脱毛した後はボディクリームなどでしっかりと保湿や紫外線対策をしっかりとするようにしてください。

また脱毛後に赤みやヒリヒリなど何らかのトラブルが起こって症状が引かない場合は、皮膚科に受診するようにしてください。

太もも以外の場所も脱毛しておこう

太ももだけを脱毛して、ふくらはぎやひざ裏などの部位を脱毛しないと、太ももの脱毛部位だけかえって目立ってしまいます。

太ももを処理したなら、ふくらはぎやひざ裏の部位も処理するようにしましょう。ふくらはぎやひざ裏ならまだ自分でも処理しやすいので、自分での処理もそれほど難しくありません。

すべすべな太ももを手に入れよう

太ももの毛は前部分はともかく、後ろ側は自分で処理するのはやや大変です。また太ももは皮膚がやわらかいので、丁寧に脱毛しないと埋没毛が多く発生してしまいます。

太ももはデリケートな部分なので、できれば専門の人に処理してもらうのがおすすめ。また脱毛にはフラッシュ式とレーザー式があり、フラッシュ式よりもレーザー式の方がパワーがあるので脱毛効果は高いです。しかしその分刺激が強く価格も高い傾向にあります。

どちらのサロンが自分に合っているかは、皮膚の健康具合や痛みへの強さなどによっても異なります。

自分に合ったサロンや医療機関を見つけて、つるつるすべすべな太ももを手に入れましょう!